デートの回数/人が居るところ/ファッションショー

結婚なんかしなくても一緒にいることはできるし付き合わなくても一緒にいることはできるけれど、法的な手続きを踏んで、あるいは契約をすることによって限りなくそのひとと近く、結ばれたい、と思うことはやはり当然の成り行きのように思う

 

 

日記を書かなくちゃ、忘れないために

 

自分が書いた日記を読み直していると、こんなこと思ってたんだと思うことがよくあって、やっぱり忘れないためには書かなくちゃと思う

過去と現在と未来の自分すべてのため、自己愛

 

 

明日は好きでもない男とデート

たぶん夕方から散歩でもして飲みに行く感じだと思う

デートの予定をざっくりとでも決めてこないあたり、自分のデートに自信があるのだろう

というか何も考えていないのだと思う

 

これまでに何回デートしてきたんだろう

数えておけば良かった

驚くほどに覚えていないデートがたくさん

 

 

バイト先の好きな山田さんが昨日で最後の出勤だった

やさしいやさしいひと

山田さんはワーホリでロンドンに2年行ってしまうらしい

この歳になって?こんなにも親しいお友達?ができるなんて思っていなかった

お友達というか、お姉ちゃんと呼びたい

 

 

今日はいつもより早くバイトが終わったので映画を観て帰ろうと思ったが、ドラッグストアで日用品を買ったら案外重くて歩くのが嫌になり、家に帰ってもひとりだし淋しいので近くのサンマルクに入り込んでコーヒーを飲んだ

煙草を吸いながら昨日買ってリュックに入れて持って来たユリイカ5月号スパイクリー特集を読み始めた

 

それをしている最中にもだんだん淋しいが入り込んできたので、友達に電話した

わたしに誕生日プレゼントを渡していなかったのできみの鳥はうたえるのDVDをプレゼントするよと言ってくれてめちゃくちゃうれしくなった

 

お腹がぺこぺこで帰宅するとすぐに着替えてごはんを食べた

明日の服はなにを着ようかと考えながらひとりでファッションショーをして部屋を荒らした

デートの前くらいしかこんなに服を考えたりしない、いつも5秒で着る服を決めるから

 

 

それにしてもつらい

ファッションショーを終え、部屋の片付けをして、寝るばっかりにスキンケアなども終えてベッドに寝転ぶとつらい

お分かりいただけるだろうか

 

 

インスタでイケてる日常をあげる元カレが眩しくて悔しかった

わたしも負けたくないんだ

彼は嫉妬しちゃうほどの才能を持っているし応援してるしわたしもがんばる、がんばる

 

 

今日は小説でも読んでみようかな

物語に入り込むのは孤独だから小説をあまり読めない

同じ理由で家でひとりで映画を観れなくなった

今年になって家では3本くらいしか観ていないと思う

映画館はひとりで行っても人と観れるからたのしい、淋しくない

 

 

 

結婚式とその前夜/淋しさの正体/犬になるとき

日記を書く余裕がなく、いつのまにか5月になっていた

 

 

4月27日に地元で結婚式に出た

中学のころに仲良しだった女の子から数ヶ月前に連絡があり、卒業してからこれまで連絡を取ったり遊んだりしたことは一度もなかったけれど、懐かしい記憶が蘇り、参加するとすぐに返事をした

 

結婚式は盛大で、すこし疲れたけれどたのしかった

着物やドレスを着た彼女があまりにもかわいくて綺麗なのですこし泣いてしまった

 

 

結婚式の前日、寝る前にお母さんがわたしの部屋に入って来てベッドの横ですこし話をしてくれた

休学して実家で療養しているとき、眠れなかったり鬱で泣きじゃくっていたりするとお母さんがこうやってベッドの側に来てカウンセリングしてくれたことを思い出してうれしかった

 

きつかったらいつでも帰っておいでとお母さんがやさしいことを言うので涙が止まらなかった

心と体のことを一番に考えていいとお母さんが言うので、でも、そうだけど、それだけじゃ生きていけないとわたしが言うと、うんうんとうなづいてくれた

 

実家に帰ってみて、やはり田舎はつまらないけれど、なにもかも諦めて、こっちでしばらく生きるのもありかもしれないとすこし揺らいでしまったけれど、お母さんがいつでも帰っておいでと言ってくれたので、都会でひとりで生きていこうという気持ちになることができた

 

 

人に対する気持ちって、好き、嫌い、その他いろんな言葉を使っても言い表すことができない

はっきりしない

お母さんに対する気持ちは特に表すことが不可能なほどに複雑だ

尊敬、嫉妬、感謝、憎悪、…

 

 

関西に帰って来てから淋しくて仕方がない

友達を家に呼んでピザを食べたり、バーベキューに行ったりしたけれど、ひとりになる時間がどうしてもあるから淋しい

だから人は恋人を作るんだろう

人を愛して愛されるんだろう

 

いまは彼氏がいなくてひとりの時間に映画を観たり本を読んだりする以外の時間にどこにこの気持ちを向ければいいのかどうしても分からない

 

実家では5日間いて2本しか煙草を吸わなかったのにこちらに帰って来てからヘビースモーカー

どうしたものか

 

 

 

俺とセフレになる?と言われた

ティンダーでかなり前にマッチしてずっと連絡を取ってる男から

 

直近の元カレとも会った

お腹がぺこぺこで王将でごはんを食べたけど天津飯の味が濃すぎたのでわたしは残してしまった

 

家に泊まって一緒にお風呂に入って眠った

相変わらず部屋はいい匂いがして久しぶりに会ったというのに素っ気なくて大きい体がかっこよかった

 

王将まで歩いて行くときにわたしから手を繋いだけど振りほどかれて無理矢理腕を組んだ

 

そんなことをするのにあんなにもやさしく抱きしめてくれる

お風呂で体と髪を洗ってくれる

髪を乾かしてくれる

 

この人はわたしを犬にする

 

 

 

 

 

 

 

 

ただの一日/残金5000円/ベランダの隙間から

バイト終わりに『私の20世紀』を観た

去年の今頃に観た『心と体と』の監督の長編デビュー作らしい

楽しく観た

 

家に帰ってきて椎茸と小松菜を炒めて食べた

 

 

だれもうちに来ないのでだんだん服が散らかっていく

売ったりなかなかできないのでたまる一方

 

 

帰りの電車で中原昌也の『虐殺ソングブックremix』を読み終えた

「待望の短編は忘却の彼方に」と「天真爛漫な女性」が好き

 

 

隣の住人が夜な夜な男友達を連れ込んではぼそぼそと喋り声が聞こえてきてうるさい

ここに引っ越してきてからはじめのうちはわたしもうるさいしお互い様だからとは思っていたけれど、ベランダの隙間から話しかけてきたりする事件があって以来、いやでしょうがない

 

 

今日は木曜日

憂鬱で声色だけはいつだって明るい

 

 

眠る前になにか読んで眠ろう

 

最近家では映画が観れなくて外でしか観てない、ここ1ヶ月くらい

最近は映画を観ても眠らないので優秀

 

夜に洗濯物を干しておきたかったけれど、無理なので明日の朝にする

 

とにかく書きとめておかなくちゃ

こうやって24歳のわたしがどう生きたか

恥ずかしくなってもいい

 

 

 

 

ヒロインズ/乗せられて/330円のサンドウィッチ

 

 

おはよう、こんばんは、おはよう

 

丸一日寝ることで一日を消滅させた、やったぜ!

 

 

ケイト・ザンブレノの『ヒロインズ』を読み終えた

文化系女子にはたまらない

持ち歩いていつでもこれに救われたい

一番のお気に入りは「ジョンがレナード・ウルフしてくれる。」のところ

あ〜、かわいい!

 

お母さんにこの本のことを話して、ジョンみたいな彼氏がほしいなあと言ったり、奥さんしてほしいなあと言っていたら、お母さんは飲み込みがはやいので、お母さんは近くにいないのでジョンしてあげられないけど…と見事に構文をマスターしていた

 

話は変わって、わたしは暗いので付き合うのは明るい人がいいな!と言ったら、あんた暗いかな、別に暗くはないよねって言われて、そうだと思った

落ち込んだり塞ぎ込んだり死んだりしたくなるだけで別に暗いわけじゃないな

 

 

それにしてもお金がほんとになくてどうしたものかと思う

煙草を吸わなければ、映画を観なければ、本を買わなければいい話である

 

 

今日はおやすみで、朝早く映画に行く予定もなかったのでコーヒーを入れてベランダで午前中は本を読んだ

なんとなくお父さんに電話をかけると、うちの犬たちのこと、弟や妹のこと、地元のだれだれさんの話をしてしばらくして切った

地元のだれだれさんの話は時にはすごくいやな話題であるけれど、今日は調子が良かったからかなんとも思わなかった

 

お金もないしなんか気分も乗らなかったので、同志社の寒梅館であるクレール・ドゥニの『パリ、18区、夜。』は行かないでおこうかと思ったけれど、他にすることもないし、結局うだうだ阪急神戸線に乗り込んで、十三から烏丸、四条そして今出川まで着いてしまったので、腹をくくって観ることにした

 

結局、観て良かった

無理してでも観たい映画は観ておくべきだと再確認した

群像劇ってどうしてもいつ?いつ彼らは繋がりますか?と前のめりに観てしまうけれど、これはそれがなかったような気がする

ただ「ある」を描写している気がした

 

 

帰りの電車に乗る前に、330円もするサンドウィッチを買って食べた、今日は特別に

パンのところが堅いやつ、美味しい

どうせ明日から白米しか食べられないんだこれくらい

 

お金がなくても煙草はやめないし、映画も観るし、本も買う

そう決めたらすこし楽になったので、なにかは決めてしまうとすごく楽なのかもしれない

 

優柔不断に休日に出かけるか出かけないか、映画を観に行くか行かないか、迷っているとすこしもったいないのかも(わたしはわたしの優柔不断さも愛しているけどね!)

 

わたしは自分の性格や習慣や癖、その他いろいろとにかく内面に関するものを愛しすぎているかもしれない

自分の内面が好き、外見が嫌い

驚くほどのこのギャップに苦しめられている

外と内は切り離せないものなんだから、外と内をうまくつなげることができればいいんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

激動の一週間/ギィ・ジルを思って/お昼間に反芻

はやく脚本が書きたい

パソコンがきたら書き始めることができるのでいまは待っている

 

この一週間、朝バイトに入って夕方にヌーヴォの映画/批評月間で映画を観て帰って眠り、早く起きて…の生活が続いた

朝がほんとうに苦手なので死ぬ思いをしているが、映画を観るため、人生を照らすため(大袈裟ね)

今日はおやすみだったので遅起きでもよかったのだけれど、今日で終わってしまう上映に行くために7時に起きた

 

 

昨日は好きでもない男と造幣局の通り抜けの桜を観に行った

こんなにもきれいな桜を好きなひとと見れたらどんなにいいだろう

同じ桜を、海を、紅葉を、雪を、同じひとと見てみたい

まあでも人生は長いのだしいまは毎年違う男と桜を見てもまあいっか

わたしは若いので人生は長いということをよく忘れる

 

ここまで書いて映画を観て眠ってしまった

 

いまは朝の5時

映画を観た帰りの電車でインスタを更新しようと思っていたが忘れていていま更新した

 

一週間続いた映画/批評月間も今日で終了朝働いて夕方から観る生活しんどいけど幸せだった〜毎日こんな良質な映画が観られるなんてほんとに素晴らしい企画でしたギィ・ジルの3本どれも良かったけれどぶっちぎりで『Shéhérazade』が優勝とにかく最高かっこいい(それにしてもディラン・ロバートとかいう俳優がかっこよすぎるんだけど!)ギィ・ジルの映画はどれも記憶、過去が、独特のリズムで進んでいき、派手ではないけれど確実に魂があったジュリアン・ジェスティール氏が初日のトークショーで「感情の政治」と仰っていた(久保さんの通訳では足りず、坂本安美さんが補足された点)政治的、前衛的な作品が流行った60年代ヌーヴェルヴァーグの時代にはあまり評価されなかった彼の作品をこうやって2019年に日本で観られているちゃんとわたしはあなたの作品を観ましたよ心を動かされましたよ、ってわたしが思ってもなにも変わらないんだけど思い続けるわめき続ける

 

こんなことを書いて見てくれている人なんていないと思うけれど自己満足とすこしでもこれで観ようと思ってくれる人がいたらという気持ちでどこでも映画について語るときは真剣

 

映画

映画を観ているときはすべてを(たまになにか現実のことを考えていることもあるが)忘れてしまうことができる、いや、身を委ねることができるって感じかな

映画ありがとう

 

今日まで2連休で一日は映画を3本観て、もう一日は寝て、夕方に映画を1本観た

 

お昼間寝たり起きたりしているとき、ぼんやり一番最近の元カレのことを思っていたら泣いていた

りょうちゃんのこと好きだから付き合ってほしい

反芻する

なぜこの言葉を言ったひとがいまわたしの隣にいないのかと狂ってしまった

気付いたら寝ていた

起きてLINEをしてみたらやっぱり違った

 

いままでの男たちがくれた愛の言葉や褒め言葉を反芻してしまうことがよくある

記憶を辿る旅

いい時間だけど狂っている、まるで老人のようだ

 

 

 

 

 

愛こそ我らの軍旗/スパゲッティーをめがけて/記憶

おとといからすこし調子が戻ってきた

 

 

今日はバイト終わりにキャロリーヌ・ポギの『ジェシカ』をヌーヴォで観た

上映後に煙草吸ってると、横にいた柄シャツ着たロン毛の若いやつが、やるならもっとやりきってほしかったと女に言っていたけれど、わたしは好きだったよ

愛こそ我らの軍旗

とても若々しくて素敵な映画だった

未熟な、幼稚な、お遊びのように思うひともいるかもしれないけれど、それも狙いなんじゃないのかな

愛の映画だった

愛の描写はいつだってダサくて激しくて強烈で美しいもの

 

いい気分になって乗ってきたので梅田でもう一本観て帰ろうかと思ったけれど家に帰ってスパゲッティーを食べたいのでやめた

 

 

たぶん昨日、ツイッターで親に抱きしめられたことがあるかないかのアンケートを取ったらある人が64%、ない人が36%だった

意外とみんなあるものなのだなという印象だった

 

わたしが醜形恐怖がいまよりももっと酷かったころ、双極性障害と診断される前、一人暮らししていた家にお母さんが駆けつけてきた

大学に行くために身体をなんとか起こして、お母さんが用意してくれた朝ごはんを食べて、お化粧をして服を着て家を出ようという時、鏡でチェックしていると涙が止まらなくなり、こんな顔じゃ外に出れないと言った

そのときお母さんがおいでと言って抱きしめてくれた

そのときいままで抱きしめられたことがなかったに気付いた

そういう記憶がある

記憶があるのにお母さんが実際に私の身体を抱きしめてくれたのか、それはわからない

わからないし、覚えていないのでわからない

わからないけれどわたしはそのとき初めてお母さんに抱きしめられたと思ったし、思っているので、抱きしめられたのだと思う

 

過去は変えられないけど未来は変えられるとよくいう(だから過去は振り返らず前を見て生きようねというメッセージ?も込めてあるようなところもうっとなる)けれど、わたしは過去だって変えられると思ってる

 

昨日観たギイ・ジルの『切られたパンに』を観てそのことを思った

 

 

 

 

ベランダラヴァー/美しいですね/切られたパンに

朝早くに目が覚めてパックをして洗濯物を干してマニキュアを塗った

部屋の中は寒かったのでベランダに出て緑茶を飲みながら煙草を吸って本を読んだ

 

 

せっかく朝の6時半に起きて素晴らしい朝を過ごせたというのに、やはりお昼寝をしてしまい、急いで準備をしてヌーヴォに向かった

 

着くとうちの映画館の常連さんがいたのでこんにちは!と言うと、いつも見ているはずのわたしの顔を見てハッとしてあなた美しいですね!と急に言ってきたので上手くおもしろい返しができればよかったのだけど、口下手な九州人なのでなにも言えなかった(めちゃくちゃ嬉しかったのに!)

あと何回、美しいですね!なんて言ってもらうことができるんだろう

 

そしてずっと楽しみにしていた映画/批評月間でギイ・ジルの『切られたパンに』を観た

素晴らしかった

上映後に1時間以上のトークショーがあり熱心に名画座手帳にメモをした

トークショーの通訳をしていたのが大学時代の仏文の先生だったので驚いたけれど、濱口竜介の話が出た時にハマグチリュウスケさん?と司会の方に訊いていて先生最近の映画観てないんだな〜と思った

ツイッター上でしか見たことのなかった坂本安美さんはとても美しくファッショナブルで、聡明な女性だということが見て伝わってきて素敵だと思った

 

明日は9時からバイトなので10時には寝ようと思っていたのに、帰ってくると21時だった

 

ミンチを炒めトマト缶を入れてスパゲッティーを茹でた

 

明日の準備をして入眠の準備をする